言語や聴覚、音声、認知など、発達に関する支援をする教室です。
私たちは、民間の福祉施設として、一人一人の能力を評価して、必要に応じて個別のトレーニングや指導を行います。
専門のカリキュラムを受講した職員が計画性をもって長期的にサポートさせていただきます。

ことばの理解/表出促進コース

カードやプリントを使って、意味を理解するためのトレーニングを実施しますくり返し知識補充して発表やコミュニケーションを組み合わせることでバランスのとれた支援をしていきます。理解を伴った状態で言える(伝えられる)ことばが増えていくよう支援していきます。
発達段階に応じて「簡単な要求を伝える」「簡単な指示を理解する」「簡単な名詞を理解・表出する」ことから「日常の動詞を理解・表出する」「二語文を理解・表出する」、「経験したことや理由を説明する」ことが可能となるよう目指していきます。
“話す”コミュニケーションが困難な場合は補助・代替手段を用いる方法も提案していきます。

療育トレーニング内容

うたあそび(てあそびうたなど)、かるたとり、読み聞かせ、フラッシュカードなど

発音/摂食・嚥下トレーニングコース

舌の使い方、呼吸のトレーニング、喉の使い方など家庭でできるトレーニング方法を指導します。
保護者の方もご家庭で実施してもらえる内容を提案していきます。
口腔器官の適切な動かし方を遊びを通して習得し、ハッキリとお話することや食事での咀嚼・嚥下が問題なくできることに繋げていきます。

療育トレーニング内容

お口の体操

聴覚トレーニングコース

科学実験がもたらす豊かな教育効果として、子どもたちの可能性や潜在能力を開花させるための多彩なプログラムを展開しています。
発達段階に応じた音遊びを行い、聴覚活用のためのスキルを磨いていきます。
音に注意を向けることから始め、人とのやりとり(コミュニケーション)をたのしむことに繋げていきます。必要に応じて、ことばの理解-表出へのアプローチや発音の不明瞭さに対するアプローチも行っていきます。

療育トレーニング内容

ハンモックゆらゆら